この星に生まれてきた君へ

感動したこと、思ったこと・・・

最近気になった動画を、まとめてみました。🎞

 最近気になっていたCMがあったのですが、『ヤブソニ』のレポートで忙しく、紹介できなかったので、今回、気になる動画と一緒に、まとめてみました。ついでに、このブログのテーマソングも(勝手に)決めてみました。

 早速、『スポーツくじ toto・BIG』のCMなのですが、まずは、こちらをご覧下さい。

www.youtube.com

 ・・・どうですか皆さん、何か気付きませんでしたか?

 僕は、最初に観た時から気になっていたのですが、ネットにはこの(不思議な?)CMの情報が、まだ挙がっていないようですので、今回ご報告する事にしました。

 

 では次に、下記写真の青い矢印部分に注意して、もう1度ご覧下さい。

f:id:BONGTENG:20171220000620j:plain

www.youtube.com

 おわかりいただけただろうか・・・

 

 って、おかしくないですか?

 開始17秒くらいから、館内の照明が落とされる中、なんの影響も受けずに、1人だけ、あたかも照明があたっているかのように映し出される、白い男性(?)とおぼしき姿が・・・。

f:id:BONGTENG:20171220001715j:plain

 もし、仮にこれがスポットライトだとすれば、マツコさんや、深キョンに当てるべきだと思われますし。

 ぜひこのCMのスタッフさんに、真相をききたい。

 撮影場所とか、ここにエキストラは、いたのかとか・・・?

 

 もしかして、最後の「ひょっとしたらひょっとするのです!」という大谷亮平さんのセリフは、この事を意味するのか?!

 

 このCM、わが家では、けっこう問題になり、

「そういえば昔トラウマCMってあったよな・・・」

と、いつのまにかトラウマCMの話題に変わっていました。

クリネックスティッシュ」やら、「パルナス」やら・・・w

 

 え~つづきまして~。こちらです。

www.youtube.comたぶん原版↓

9 year old discusses the universe - full interview (unedited*) - YouTube

  はい論破。

 「それな。」って、思わず共感していましたw

 9歳の子供に、このセリフの台本は覚えられないと思いますし、9歳でここまで語れるとは、たいしたものだと思います。

 それに、なんだか、ポジティブにもなれますし。

 

 ただ、最近の僕の考えでは、この星(地球)に生まれるという事は、『宇宙刑務所』に送られているようなもので、良い行ないをすれば、次の(平和な)星に移れるし、悪い行いをすれば、また(下等な)地球に戻されるのではないか?

 つまり、争いが正しいと思ってる人は、何生(なんしょう)も地球止まりなんじゃないかな?と、勝手に結論付けたりしているのです。w

 

 たまに、夜空を見上げて思うのですよ。

 僕が生まれてくるのは、この星じゃなかっただろうが!!と・・・。(←誰にだ?w)

続きまして

www.youtube.com はっきり言って、後半はまったくわかりませんw

 ただ、ゲーム好きの僕としては、8bit,16bit,32bit,64bit・・・と、ゲーム機のスペックが上がっていく毎に、より現実に近い表現がされていくので、いつかは現実に追いつく日が来ても、おかしくはないかな?とは、思えるのです。

 ドラマ『CHUCK/チャック』の時にもふれましたが、脳全体では約1ペタバイト(1,024テラバイト)の豊富なメモリーもありますし、「人間の脳は10%しか使われていない」とされていますが、残りの90%に、何か人類にはわからない秘密があるのかもしれません。

 

 そもそも、世界最初のコンピュータのプログラミング言語であった、『機械語』の開発者は、今でも誰が作ったのかはわかっていないようですし、『人類以外の何か』が人類に与えた可能性も否定できないと僕は思っています。

 もしかすると、地球人はテストされているのかもしれません。

 そして、『僕たちが“現実”と呼んでいる世界の、先にある世界』があってもおかしくはないと僕は思います。

ということで、こちらの動画です

www.youtube.com 

 “時空を行き来できる”とありますが、そこには『意識』も残っているのではないでしょうか?

 僕の死後の考えはこうです、器(肉体)は滅びても、『意識』だけは残るでしょう。

 『意識』は、たぶん宇宙空間をさまよいます。

 そこで、どこかの星(地球とはかぎらない)で、また何かしらの器(人間とはかぎらない)を手に入れ生きることになるのです。

 おしまい。

 ・・・いや、終わらないけど。

 

最後に1曲。

videa.hu

   

  今回はこの辺で・・・

      Have a sweet dreams!☃