この星に生まれてきた君へ

空想科学研究家 好きなものを、紹介していきます。 お気に入りのドリンクを片手に、ゆっくりしてってね♪

1人FBIの回~あの組織の、今年の活動を勝手に予想してみた~🔍🕵🏻

 前回の投稿以来、PCの調子が悪くなり、実はこの投稿2回目の作成です。・・・(^^;)

 先週、この投稿をアップしようとして記事を書いていて、あともう少しというところで、突然ブラウザーがクラッシュしてしまい、全てが水の泡となり、骨折り損のくたびれ儲け状態でした。

 もう1度、最初から書こうとも思ったのですが、夜中の2時を回っており、心折れて、その日は眠りにつきました・・・。(TT)

 あの組織の仕業なのか・・・?はてブロが重過ぎるのか・・・?・・・いろいろ頭をよぎりましたが、単に自分のPCのスペック不足が原因ではないか?という所に落ち着きました。(TT)

 今回は、こまめに保存しながら記事を書いていこうと思います。

 そして前回に引き続き、あの組織の話になります。

 ※今回も、これから語る全ては、個人の空想ですので、アツくならずにお読み下さい。

 巷は、オリンピックで盛り上がっていますが・・・

 いろいろ『オリンピック』と、『あの組織』の関わりを調べたので、まずは、この映像をご覧下さい。

www.youtube.com 少々偏った見解の映像かもしれませんが、ロンドン・オリンピック辺りから、あの組織の関わりが噂されていました。

 リオ・オリンピックでさらに明らかになった感じではないでしょうか?

 そして、今回のピョンチャン・オリンピックの開会式でも、1つだけ違和感があった映像がありました。皆さんもお気づきだったかもしれません。

 そう、このユニットです。

f:id:BONGTENG:20180221224304j:plain

  1000年以上生きるとされている、人面鳥(じんめんちょう)という架空の生き物(UMA?)です。

news.livedoor.comwww.asahi.com 

 風水をモチーフにした式典が開会される中、突如あらわれた人面鳥・・・。

 ではなぜ、このユニットを登場させたのでしょうか?

 (最初の映像の)リオ・オリンピックでは、あの組織の象徴でもある『フェニックス』が登場したのは、ご承知のとうりです。

 そして、今回も登場させてしまうと、あからさますぎて、世界中から疑われることになります。

 東洋でフェニックス(不死鳥)といえば、鳳凰(ほうおう)や火の鳥なのですが、前述のとうり、あからさますぎます。

 そこで考えられたのが、『人面鳥』という苦肉の策だったのではないか?と僕は考えます。

 ついでに、オリンピックの起源についても調べてみました。

www.youtube.com ちなみに、聖火リレーですが、この映像でもわかるとうり、ヒトラーが考案したものらしいです。

 人種差別主義者が考案したものが、今なお儀式の始まりとして使われている事に、僕は疑問を持っています。

 公平・平和な祭典で、あるわけがない!

 韓国にもあの組織らしき建物が!その名も“フェニックスアイランド”

 韓国にもありましたよ・・・

f:id:BONGTENG:20180221231752j:plain

 『フェニックスアイランド』は2008年くらいに開発され、この建物は『アゴラ』というらしい。

PHOENIX JEJU | フェニックス 済州

PHOENIX JEJU | フェニックス 済州

そして、あの組織の今年の活動は・・・

 皆さんは『エコノミスト』というイギリスの雑誌をご存知だろうか?

 その年の年末号の表紙が、翌年の、あの組織の動向の手がかりとなるとされ、巷を「あーだ、こーだ」と騒がせている、通称『世界はこうなる』シリーズのことを・・・。

 

 そして、今年の表紙は・・・

f:id:BONGTENG:20180221232736j:plain

 

www.excite.co.jp 例年は絵が使われるのだが、今年はピクトグラム(絵文字)なので、いろんな見解にわかれると思われます。

 僕自身の見解は、何かの暗号ではないか?と思います。

 その証拠に、色は6色で統一されています。

 どれかの色は意味をなし、どれかの色は意味がないのでは・・・?

 ちなみに、この『ピクトグラム』、現代で使われるようになったのは、1964年の東京オリンピックからで、言語に制約されずに内容の伝達を行う目的で使用されているらしい。

 というか、またオリンピックかよ・・・。

だが、20年も前にあの組織の計画は予言されていた?

 そう、それは“エコノミスト1988年1月6日号”に載っていた、この絵の事です。

f:id:BONGTENG:20180221235351j:plain

 前述の、あの組織の象徴であるフェニックスの胸に描かれた『10Ф(単位なんて読むの?)コイン』。

 そして、その単位の下には、“2018”の文字が!!

 つまり、今年ですよ!

 巷では、ビットコインに代表される『仮想通貨』のことで、今年発売されるのではないか?

 と、噂されていますが・・・。

 1人FBIの見解

 巷では今年にあの組織が、仮想通貨を発売するのでは?とされていますが、「2018年に発売!」と、あからさまにあの組織が発売するとは、僕は思えません。

 むしろ、今年中に結果を出すと見るのが、ふつうです。

 つまり、もう発売されているという事になります。

 で、それらしき仮想通貨を調べていくと、このような仮想通貨を見つけました。

f:id:BONGTENG:20180222002932j:plain

 ユニックスコインと呼ばれるもので、昨年の11月に発売されています。 

 中央には堂々と、フェニックスの絵が刻まれています。

 この通貨が、あの組織のものかどうかはわかりません。

 というのは、仮想通貨のデザインのどれもが、あの組織を彷彿させるようなデザインなのですよ。

 まさか、全ての仮想通貨が・・・?!

 ま、だいぶ前にも仮想通貨の事はふれましたが、僕はやらないのでどうでもいいのです。

 ただ、中央銀行が終わる日も、近いのかも知れませんね。

最後に1曲

www.youtube.com

  今回はこの辺で・・・

       Have a sweet dreams!