この星に生まれてきた君へ

空想科学研究家 好きなものを、紹介していきます。 お気に入りのドリンクを片手に、ゆっくりしてってね♪

1人FBIの回 ~暗号について考える~🗄🗝

 すっかり、ごぶさたしていましたが、やっとブログを更新できる時間が持てました。皆さん、お元気でしたか?

 前々から、このテーマで1度は書きたいと思っていたので、今回はこのテーマでしばらくお付き合い下さい。

 

  ※今回も、これから語る全ては、個人の空想ですので、アツくならずにお読み下さい。

  そもそものきっかけは・・・

 皆さんは、このような事に気付いた事はありませんか?

 民放のニュースで、「どこやねん?」と思われるニュースや、どう考えても意味不明な映像が、数秒カットインされていることを・・・

 

 前々から気になっていたのですが、僕が愛読していた漫画に、答えが、載っていました。

f:id:BONGTENG:20180422163026j:plain

そうそれは、漫画『MASTERキートン』8巻の、第1話『豹の檻』に収録されていました。

 あらすじでは

 1990年9月、BBCのニュースで

 ドナウ河近くの動物園で、ライオンがヒョウの檻に入り、出られなくなっているという奇妙なニュースが世界に配信されていた。それは英国王室の窮地を、世界のスタッフに伝えるための暗号で、英国政府が一大事の時、世界中に散らばったスタッフを呼び寄せるために使う、緊急指令だった。

 

 ちなみに、主人公マスター・キートン(平賀=キートン・太一)は、イギリス国籍で元SAS(イギリス空軍特殊部隊)のサバイバル教官で、現在は考古学の講師をしながら、保険調査員(探偵?)でもあるという設定です。

 

vod.ntv.co.jp

www.shogakukan.co.jp

 で、ニュース開始直後や終了間際の数秒の映像にも、何かが隠されていると、僕は思っているんですよ。

 

 暗号といえば・・・

 世界最初の暗号は、古代エジプトで書かれたヒエログリフ象形文字)らしいです。(ここでは詳しく述べません。)

 あと、有名なのは、モールス信号や、エニグマと呼ばれる暗号でしょうか?(興味のある方は、ググッて下さい。)

 身近な暗号としては、サブリミナルや、音楽の逆再生というのもありますね。

 

 音楽の中の暗号

 ドイツの作曲家J.S.バッハは、譜面の中に、暗号を残していたらしいです。ということは、18世紀にはすでに音楽の中で使われていた事になるようです。

yoshim.cocolog-nifty.com 

 まあ、これ(暗号)を含めて、バッハは、音楽を楽しんでいたのかもしれませんね。

 

 19世紀に入り、何百万人ものアフリカの黒人たちがアメリカに連れてこられ、彼らは太鼓の音を暗号として連絡をとりあっていたようです。

 ただ、こちらは残念ですが、途中でばれてしまったようです。

www.yamaha.co.jp

  僕が最初に知った音楽の暗号は、ビートルズの“『Revolution 9』という曲で、音の逆再生(リバース・スピーチ)”だったと思います。 

 後にいろいろなアーティストが、この表現技法を使っています。

 有名どころでは、レッド・ツェッペリンの、『天国への階段』などがありますね。

www.youtube.com多分、原版↓

Led Zeppelin Backward Masking 1983 (Televangelist) - YouTube

 

 最近では、きゃりーぱみゅぱみゅの曲を逆再生すると、別のメッセージがこめられているとか・・・?!

 ただ、中田ヤスタカさんが、このようなことをするとは、僕は思えませんが・・・。

 

 忘れていけないのが、The Who(ザ・フー)の、1971年に発表した、『Baba O'riley(ババ・オライリー)』という曲で、イントロのシーケンスの音は、当時ピート・タウンゼントが傾倒していたインドの伝道師Meher Baba(ミハー・ババ)の生年月日や体重などをシンセサイザーにプログラミングして作ってあるそうです。

 ある意味、僕は暗号でもあると思っています。

www.youtube.com

そして、YouTubeでも話題になったこの動画を、検証

 ※検証する動画には、気分を害する方もいると思われます。

 音量を下げて、気分が悪くなった場合、直ちに再生を停止してください。

 あくまでも、自己責任で再生を、お願いします。

www.youtube.com

 日本では、「『01101101 01110101 01100101・・・』で、YouTubeで検索すると・・・」と、話題になっていたようですが、『11B X 1371』というのが、原版のタイトルのようです。

 そもそもの始まりは、2015年6月頃、このDVDが「GadgetZZ.com」というスウェーデンの科学技術ニュースサイトの、創設者兼編集者に送られてきた、ポーランドワルシャワの消印意外、何もわからなかった物らしい。

 ただ、それより前に、YouTubeには、「01101101 01110101 01100101 01110010 01110100 011001011」というタイトルで、『aetbx』という人が、2015年5月9日に、アップしていたようです。

 そして、この動画を作った『aetbx』という人は、パーカー・ワーナー・ライトという、アメリカ人らしく、手のひらの明滅はモールス信号で、「RED LIPSLIFE TENTH」。暗号に見立てれば「KILL THE PRESIDENT」で、大統領殺害予告ともとれるらしい。

 その後、パーカー・ワーナー・ライトは11月30日、TwitterFacebookでこの動画は自分が作ったものであると告白。

 動画を制作した目的は、「芸術的な手法で政治声明を主張すること」だったという。

 

 ・・・ほんとうにそうだろうか?

 

1人FBIの見解

 開始直後(8秒時)に、カラス人間(?)が手で動作する指の数、3・・1・・2は、『3.12』の事ではないのか?

f:id:BONGTENG:20180422134404j:plain

1分16秒に突如カラス人間の左に現れる、落書きにも注意してもらいたい。

f:id:BONGTENG:20180422134812j:plain

f:id:BONGTENG:20180422135130j:plain

拡大すると

f:id:BONGTENG:20180422135201j:plain

 そこにはくっきりと、あの組織のマークが!!

 さらに、この動画を観たユーザーが、音声スペクトラグラムとして解析したところ、「お前はすでに死んでいる)」「Oh, You're Still Alive?(ああ、まだ生きていたのか?」と書かれていたようです。

 

 音声スペクトラグラムとは、簡単に言うと、音声メディアを解析・グラフ化して、映像メディアとして表現するらしいです。

 前回とりあげた、映画『スワロウテイル』では、磁気データの取り出しに使われていましたね。

 今回の音声結果は、こちらですが、過激な映像もあり、必ず自己責任で閲覧お願いします。

https://www.youtube.com/watch?v=cSPjWtAjlfM

 

 後半の、画像等は深層 web(Deep Web)のものではないか?と思われます。

 深層 webとは、僕たちが今ここで観ているインターネットの(グーグル等の)ブラウザを表とするならば、特殊な方法でしか観れないインターネットの裏のブラウザ等を深層 webと呼ぶようです。

 なんとその割合は、表 web 1%に対して、深層 web 99%だとか・・・

f:id:BONGTENG:20180422144549j:plain

 最近では、仮想通貨交換業者「コインチェック」から、580億円分のNEM(ネム)が流出した事件もあり、ご存知の方も多いのでは?

www.yomiuri.co.jp

internet.watch.impress.co.jp ダークウェブ上では、様々な違法物(麻薬や銃等)が取引きされているようで、ディープウエブ上では、犯罪に絡んだ映像等がアップされているらしいです。

 ただ、この深層ウェブ、コンピューター・ウイルスが蔓延しているようで、ほとんどのウイルス対策ソフトがきかないみたいです。

 もしかすると、1度パソコンを開放しないと入れないのかもしれません。

 『Tor』というソフトで匿名性も出せるようですが、定かでもありません。

 いらないPCで、でたらめな個人情報でログインし、『Tor』も使い、毎回初期化することが、必須なのかもしれません。

 

 ま、検証はできないんスけどね・・・(^ ^ゞ

 

 そういえば、最新では、漫画村事件で『ディープウェブアンダーグラウンド』という方が、YouTubeで宣戦布告していましたね。

www.youtube.com

 あえて、DWUさんのリンクは貼りませんが、いちいち言わないで、黙ってやった方が、かっこよかったのではないでしょうか?

 

 ちなみに、『漫画村』さんは、アメリカにいるようで、軽く調べてみると、カンサス州のチーニー貯水池にいるようですが、どういう事なのでしょうか?

 昨日、漫画村には何度やってもアクセスできませんでしたが、1人だけ日本にいる方がアクセスできていたようです。あとは、外国の方ばっかりでしたが・・・。

 

 話がそれましたが、暗号は、これからも複雑化していき、特に音声スペクトラグラムは、2次元表現にとどまらず、3D表現(立体化)もされて、情報の伝達の正確さが行なわれていくだろうと思われます。

 もしくは、AIが進化すると、瞬時に暗号の実体化も可能かと思います。

最後に1曲

www.youtube.com

   今回はこの辺で・・・

         Have a sweet dreams!💮

 

 

Stairway To Heavenいとしのレイラ