読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この星に生まれてきた君へ

感動したこと、思ったこと・・・

あれから3年、大滝詠一さん追悼

音楽 大滝詠一 泣ける曲

2013年12月30日に、大滝詠一さんが亡くなられて、3年が経ちました。僕に『POPS(ポップス)の素晴らしさ』を教えてくれた、大滝詠一さんの軌跡を、僕なりにまとめてみたいと思います。

 ※そう、今回も読み込み遅いいですよ!(^^ゞ

まずは1曲、はっぴいえんどの、『春よこい』です。

www.youtube.com 大滝さんが、メジャー・デビューした時のバンド『はっぴいえんど』の、1曲です。

 はっぴいえんどは、1969年に結成されたバンドで、メンバーは、大瀧詠一 - ギター、ボーカル 細野晴臣 (YMO他)- ベース、ボーカル  松本隆(作詞家) - ドラム  鈴木茂( ギタリスト・作曲家・編曲家)- ギター、ボーカルと、現在は日本の音楽界の第1線で、活躍されている方ばかりです。

 当時の日本は、ビートルズなどのコピーバンドが主流で、むりくり日本語訳を、はめこむとゆうスタイルだったようです。

こんな、感じで・・・

www.youtube.com 

  この路線のまま、日本の音楽業界が進んでいたら・・・(^_^;)

 

話を戻しましょう。

はっぴいえんどを、メジャーにした要因の1つに、当時日本の音楽業界のトップに君臨していた、岡林信康さんの存在を忘れるわけにはいけません。

ディランがバックバンドに、『ザ・バンド』を迎えたように、ボブ・ディランの影響を受けていた岡林信康さんが選んだバンド、  

   そうそれが、はっぴいえんどだったのです。www.youtube.com それでは、はっぴいえんどから何曲か、大滝詠一さんのおすすめ曲を

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 当時、大滝さんと細野さんの仲が悪かったようで、オリジナル・アルバムとしては、わずか2枚で。バンドは解散してしまいます。

         残念でなりません・・・

 

 ソロになった大滝さんには、レコード会社の低迷など、あまり好調とは言えなかったようです。

 ただ、曲はすばらしい曲が多いです。

www.youtube.com 

 フィル・スペクターの影響を受けていた大滝さんが、「ウォール・オブ・サウンド(音の壁)」の技法をヒントに、『ナイアガラ・フォール・オブ・サウンド』を、確立します。

フィル・スペクターの「音の壁」1例(ロネッツ『ビー・マイ・ベイビー』)

www.youtube.com そして『ナイアガラフォールオブサウンド』

www.youtube.com

www.dailymotion.com

www.dailymotion.com

www.dailymotion.com

www.dailymotion.com

 ナイアガラ・トライアングル2』では、佐野元春さん、杉真理さんとコラボしています。

  僕はこの時、佐野元春さんの、曲を初めて聴いたのです。

          感動しました。

    そして、大滝さんに感謝です。

www.dailymotion.com

 ここからは、皆さんもご存知の通りの、大滝詠一さんの快進撃が、始まったのです。

 

 はっぴいえんど解散だけが、残念だったのですが、1985年に国立霞ヶ丘陸上競技場にて行われた『国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW』にて、1日だけ再結成されました。

www.youtube.com

        この曲を聴く限り、

    仲直りされたのですね。

         良かったです。

まだまだ、書きたりないのですが、最後はこの曲で

www.youtube.com

 

      今回はこの辺で・・・

          Thank you forever

 

 

はっぴいえんど風街ろまん大瀧詠一Niagara Triangle Vol.1 30th Anniversary EditionBest AlwaysA LONG VACATIONNIAGARA TRIANGLE Vol.2 20th Anniversary EditionEACH TIME 20th Annniversary Edition

Amazonギフト券- 印刷タイプ(PDF) - Amazonベーシック(ホワイト)